家族葬の概要とメリット

お葬式のひとつの形として多くの方々が選んでいるものに家族葬があります。一般的なお葬式とは違い、アットホームな雰囲気の中でおこなうことができるお葬式です。一般的なお葬式にもそれなりの良さがありますが、遺族の立場から考えれば、自分のパートナーや親が亡くなっている状況の中で参列してくださった方々に気を遣い挨拶に回る必要があるため、気疲れしてしまうというケースも目立ちます。故人や自分たちのためのお葬式であるにもかかわらず、お客様である皆さんをお迎えして接待しないといけないからです。

しかし、本音を言えば故人との最後の別れなので、静かに思い出を語り合ったり、故人のご遺体に語り掛ける時間を過ごしたいという思いを持つ方も多いのです。そのようなニーズに応じて、今の時代に多く選ばれているのが家族葬というわけです。その名の通りに家族のみで行うお葬式なので、家族の中で故人の思い出話をして、過去を振り返り、尚且つ感謝の気持ちを伝えるといった過ごし方が可能となるのです。

家族以外の人はいないわけですから、誰かに気遣いをする必要もなく、気楽な形でお葬式を行うことができ、故人とのお別れということにのみ集中できるというメリットがあります。家族だけで行うケースも多いのですが、そこから弔問客の幅を広げている家族葬もあります。たとえば親戚は全員呼ぶというケースや、仕事関係の人も特に仲がよかった人は呼ぶというような形です。このあたりも自由自在なので、自分たちにとってベストな形にすることができます。

一般的なお葬式を出す場合には、弔問客を制限したり幅を決めたりすることは難しいものですが、家族葬ならばこのようなことが可能なのです。そのため、これからお葬式を出さなければならないのであれば、家族葬というものにも目を向け、候補のひとつにしておきましょう。故人の立場や生前の意思によっては、必ずしも家族葬がベストでるというわけではありませんが、家族葬という形もあることを知っておくことが大切です。